会社紹介

映像という手法を通して新たな絆を生み出す

ある日、子どもたちを連れて墓参りに訪れた時に、墓に眠る私の祖父や祖母のことを何も知らないまま手を合わせる我が子を見て、『この子たちに生前の祖父母の姿を見せてあげることはできないか?』と感じ、そんな想いがこのサービスを立ち上げるきっかけとなりました。

現代は年間で亡くなられる方がおよそ120万人、更にその3分の2が高齢者という『終活時代』と呼ばれます。そんな中、高齢者の皆様がご自身の人生の終末期に備えて、希望を書き留めておくエンディングノートを作ることが増えています。ノートに遺す内容の上位には、終末期の医療、自身のお葬式やお墓、そして『家族への感謝のメッセージ』が挙げられます。

子孫に遺すものは、お金や土地などの資産だけではないと私たちMbankは考えます。ご自身が生き抜いてきた中で学んだこと、磨かれてきた価値観、生き様を伝えることは、子孫を遺した者の使命でもあるのではないでしょうか。

これまではご自身がどんな人生を歩んできたかを伝えるのは難しいことでした。しかし私たちはお一人おひとりの価値ある人生を、映像という手法を用いて色濃く後世に引き継ぐことが当たり前になる、新しい文化を作りたいと考えています。

今まで一生をかけて培ってきた本当の知恵や経験、考え方、生きていく術(すべ)を、愛する方々のために遺したい。その想いを叶えることが、私たちMbankの願いです。

代表取締役 北尾 龍典

  • 会社紹介
  • 代表挨拶
映像に残るのは「あなた」です。
Mbankに興味をもっていただき、ありがとうございます。
詳しい内容をお聞きになりたい方、資料請求をご希望の方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ/資料請求

お電話によるお問い合わせ
0120-361-060
メールによるお問い合わせ
お問い合わせフォームはこちら